Symphony

Symphonyとは

OSやアプリケーションに依存しない共通インタフェース(デバイスWebAPI)を利用することにより、さまざまな音声認識コミュニケーション端末から、多様なIoT機器の制御を実現する「IoTアクセス制御エンジン」です。

多種多様なIoT機器に対応できるプラグイン方式を採用し、拡張しやすい設計になっています。今後、さらに多くのプラグインを追加していく予定です。

図:Symphonyの概要図

Symphonyの特徴

①プラグイン方式で拡張容易
  • プラグインの追加のみでAPIを即時追加可能(Symphony側の改修不要)
  • 多種多様なIoT機器に対応(事実上無制限)
  • 特定ベンダーへの依存なし
②遠隔管理
  • 共通のWebAPIでIoT機器の遠隔制御や、センサーによる情報の取得(センシング)が可能
  • 自宅/外出先でIoT機器の一元管理が可能
③多彩なパーミッション(権限管理)機能(将来拡張予定)
  • ユーザー単位(例:両親のみ制御可能)
  • 時間制限(例:指定の日時のみ鍵の開閉が可能)
  • 機能単位(例:エアコンの温度は変えられるが、ON/OFF制御は不可)
  • 位置情報制限(例:在宅時のみテレビの制御が可能)
④AI/ビッグデータ解析基盤連携(将来拡張予定)
  • さまざまなセンサー情報を収集可能
  • データ分析(機械学習などの適用)の実施、および分析結果に基づくデバイス制御が可能
  • 他AI機能との連携可能(クラウド間連携だけではなく、Symphonyに拡張できる構造を検討中)