チャットUI導入方法について

このページでは、ドコモAIエージェントAPIでチャットUIをご利用いただく際の各種UI(WowTalk、WebUI、LINE、LINE WORKS、Microsoft Teams)を導入いただくための操作手順を説明しています。

WowTalk連携

WowTalk自体のお申込みに加え、設定のお手続きをすることでご利用いただけます。 WowTalkの管理画面よりログインし外部サービス連携のWowBotをクリックしてください。

ボットタイプの選択画面がでてくるためdocomoBotを選択してください。

ボットに必要な情報を記入し登録ボタンをクリックすることでドコモAIエージェントAPIとWowTalkを連携することができます。ID/名前/パスワードはご自由に設定してください。

LINE連携

LINE developers サイトにアクセスし、画面右上のログインメニューからログインします。
https://developers.line.me/ja/

※ログインするためのLINE アカウントは別途ご用意ください。

ログイン後、開発者登録がされていない場合は次の画面が表示されます。 開発者名とメールアドレスを入力し登録を進めます。

ログイン後、開発者登録がされていない場合は次の画面が表示されます。 開発者名とメールアドレスを入力し登録を進めます。

任意のプロバイダー名の登録を行います。 登録後に次へ進みます。

プロバイダーで使用するMessaging APIの作成を行います。 【Messaging API】ボタンを押下して次へ進みます。

Messaging APIの情報を登録します。 アプリ名やアプリ説明の項目を入力していきます。 登録後に次へ進みます。

アプリ説明、プラン、業種、メールアドレスを設定します。 使用感を確認する目的であれば フリープランを選択ください。

Messaging APIのチャネル設定を行います。 作成したMessaging APIのチャネルを押下します。

Channe ID と Channel Secret の文字列をコピーし、テキストエディタに控えます。 ページを下へスクロールして次の項目の編集を行います。

アクセストークン文字列を再発行ボタンを押下して表示します。 webhook送信設定を 「利用する」 に編集ボタンから変更します。

ドコモAIエージェントAPI管理画面のトークアプリ連携情報にLINE developersで先ほど控えたChannel SecretとChannel IDを入力します。 次ページのWebhook URL設定で利用するためにトークアプリidをコピーします。

Messaging API設定画面に戻り、Webhook送信の設定を利用するに変更します。 Webhook URLには[https://tgwcr.aiplat.jp/line/v1.0/dvo/dotac/channels/トークアプリid/dialogue]を設定します。 設定後、【疎通確認】ボタンを押下し、成功しましたと表示されれば連携完了です。

Line自動応答メッセージの無効化

Messaging API設定画面にLINE@機能の利用-自動応答メッセージ設定があります。 設定を『利用しない』に変更してください。 『利用する』の状態ではFAQチャットボットが返答を行いません。 また、友達追加時あいさつ機能も不要であれば『利用しない』で設定してください。

コマンド記述方法についてはこちらのドキュメントをご参照ください。

WebUI連携

図のようなチャットウィンドウを仕様に従って作成することでWebサイトなどに組み込んでチャットボットとして利用することも可能です。WebUIをご利用希望のお客様はドコモAIエージェントAPIをご契約後に詳細をお送りいたしますので、こちらまでメールにてご連絡ください。

コマンド記述方法についてはこちらのドキュメントをご参照ください。

LINE WORKS連携

LINE WORKSと連携する場合には、こちらのドキュメントをご参照ください。

コマンド記述方法についてはLINE UIと同様のものとなっております。

Microsoft Teams連携

Microsoft Teamsと連携する場合には、こちらのドキュメントをご参照ください。

コマンド記述方法についてはこちらのドキュメントをご参照ください。

制約事項についてはこちらのドキュメントをご参照ください。