意図解釈機能について

意図解釈のエンドポイントURLを登録することで、エージェントに意図解釈を組み込むことができます。

意図解釈とは

意図解釈とは、ユーザ発話からユーザが求めているタスクを判定し、そのタスクに必要な情報の抽出を行う技術です。
これらの判定や抽出は、すべて自然対話プラットフォームの意図解釈エンジンによって行われます。

例)
 天気検索の意図解釈を組み込んだ場合
 user > 今日の東京の天気を教えて
 bot  > 今日の東京の天気を調べます。

ユーザー独自のものを作成いただく以外に、SUNABA標準の意図解釈を組み込むことも可能です。
利用する際は下記エンドポイントURLを登録してください。
https://api-sunaba.xaiml.docomo-dialog.com/taskRecoginition

※用意されているタスクについては SUNABAのタスク一覧 をご参照ください。
※商用利用はできませんのでご注意ください。
※商用利用をご希望の方は お問い合わせ窓口 よりお問い合わせください。

意図解釈の利用方法

意図解釈URLの登録

エージェントの設定画面の「意図解釈と連携するURL」に対象のエンドポイントURLを登録してください。
登録を削除する場合はテキストボックスの内容をクリアしてください。
※フォーカスアウト時に入力されている内容で自動更新されます。

変数追加・送信情報設定

意図解釈実行時に必要となる送信パラメータ用に下記の変数を追加し、シナリオ編集画面の前処理や後処理にて送信情報を設定してください。
※変数名に誤りがあると正常に動作しませんのでご注意ください。

変数 説明 設定情報
_task_keep_dialog_status 状態を保持するかどうかのフラグ 保持する場合:true
保持しない場合:stay
_task_slot_{slotValue} タスクに用いるスロット 例)
_task_slot_stationTo:駅名(東京駅、品川駅、etc…)

シナリオ作成(実行結果の取得)

シナリオ編集画面にて意図解釈のリターン結果を取得できます。
・マッチング条件の一致パターンに「意図解釈」を設定
・利用可能箇所で取得対象の予約変数を指定

予約変数は以下の記法で使用することが可能です。
@task.{予約変数名}

※利用可能箇所:前処理(右辺)・条件(右辺)・メッセージ・後処理(右辺)

予約変数 説明
@task.status 検索結果ステータス
@task.error_code エラーコード
@task.error_message エラーメッセージ
@task.command_id コマンドID
※<pattern>のlabel属性に相当
@task.id タスクID
@task.name タスク名
@task.loop_count 同じ対話状態が続いた回数
@task.slot.{slot_value} スロット名が存在する場合、slotValueに値を設定する
@task.keep_dialog_status 状態を保持するかどうかのフラグ
@task.extracted_words.{wordsType値} 抽出文字列結果リストから [wordsType] に該当するwordsValue値を取得する
@task.extracted_words.N.value 抽出文字列結果リストのN番目のwordsValue値
@task.extracted_words.N.type 抽出文字列結果リストのN番目のwordsTypeリストをカンマで連結した値
@task.extracted_words.N.type.J 抽出文字列結果リストのN番目のwordsType値のうち、J番目のtypeを取得