Developer Dashboard

Developer Dashboard(DDS)へようこそ

Expert Agent Developer Dashboard(以降「DDS」と呼びます)は、開発者がWeb画面上で簡単に独自の対話Bot(Developer Defined Bot:以降「DDB」と呼びます)の作成からマーケットプレイスへの公開までを行えるプラットフォームです。

図:Botの作成から公開までの概要図

公開されたDDBは、一般ユーザーがUser Dashboard(以降「UDS」と呼びます)でインストールすることによって、使えるようになります。デバイスにInvocation Nameを話しかけると、DDBが呼び出され、音声対話ができます。

おしゃべりにはUDSがありません。おしゃべり内の「エージェント追加画面」で、UDSと同等の操作が行えます。

詳しくは、おしゃべりでのBotのインストールを参照してください。

Developer Dashboard(DDS)でできること

DDSでは、下記の機能が利用できます。

  • DDBの一覧表示/作成/編集/確認
  • Entityの一覧表示/作成/編集
  • バージョン管理
  • 動作テスト(ブラウザテスト/デバイステスト※)
  • マーケットプレイスへの公開(公開審査の申請)/公開停止
  • 公開したDDBの利用状況の確認【近日提供予定です】
  • 動作テストは、ブラウザテストのほかにデバイステスト(UDSとデバイスを使用して、公開前のDDBの実際の動作を確認するテスト)も行えます。詳しくは、DDSアーキテクチャのデバイステストを参照してください。

基本的な動作イメージ

音声対話

DDSで作成したDDBは、次のように動作します。

  1. ユーザーの発話内容からユーザーの望むタスクを判断
  2. タスクの実行に必要な情報が足りていない場合、ユーザーに対話を促すことで追加の情報を収集
  3. タスクの実行に必要な情報が揃った場合、外部コンテンツシステムであるContext Generation Server(以降「CGS」と呼びます)に送信
  4. CGSから返ってきた結果(応答文)をユーザーに伝達

たとえば、天気を調べるためのDDBを作成する場合、「天気」というタスク(Intent)を準備し、タスクを実行するために必要な情報(Slot)として「日時」「場所」を設定します。これらの情報を、下記のようなユーザーとの音声対話で得ることにより、結果を導くことができます。

図:音声対話の基本動作イメージ

DDBの新規公開

DDSで作成したDDBは、下記の流れでマーケットプレイスに公開され、一般ユーザーが利用できるようになります。

開発者
(DDS)
(1)DDBの作成

詳しくは、チュートリアル基本編のステップ1~ステップ3を参照

  • DDBのステータスは「」です。
(2)DDBの公開申請

詳しくは、チュートリアル基本編のステップ4を参照

  • 「申請ステータス: 審査中」のリンクが表示されます。リンク先では審査中DDBの申請内容などを確認できます。
マーケット
プレイス
(3)公開審査

申請されたDDBの内容が適切かどうか審査されます。審査結果が、アカウント作成時に登録されたメールアドレス宛に送信されます。

  • 「@mail.sebastien.ai」ドメインからのメールを受信できるように設定しておいてください。
  • 審査許可された場合は、「申請ステータス: 公開許可済み」のリンクが表示されます。
  • 審査許可されなかった場合は、「申請ステータス: 保留中」のリンクが表示されます。通知メールの審査コメントに従って対応してください。
開発者
(DDS)
(4)公開

詳しくは、チュートリアル基本編のステップ5を参照

  • DDS上のDDBのステータスが「」に変わります。
一般
ユーザー
(UDS)
(5)DDBのインストール UDSのサービス一覧からDDBをインストールします。
(6)デバイスとの紐づけ UDSで作成したSHADOWに対して、デバイスとDDBを紐づけることにより、デバイスとの会話の際に利用できるようになります。

DDBの更新(バージョンアップ)

DDBの更新を行ったときは、下記の流れで公開の再審査を受けることによって、バージョンアップすることができます。

開発者
(DDS)
(1)DDBの更新

Bot一覧ページで、公開中のDDBの(編集)をクリックし、Bot編集ページで内容を更新します。

  • DDBのステータスは「」のままです。
  • 「申請ステータス: 審査中」「申請ステータス: 公開許可済み」と表示されているDDBは編集できません。
  • 「(4)公開」の操作を行うまで、一般ユーザーに更新内容が公開されることはありません。
(2)DDBの公開再申請

Bot公開申請ページで公開を再申請します。

  • 「申請ステータス: 審査中」のリンクが表示されます。リンク先では審査中DDBの申請内容などを確認できます。
マーケット
プレイス
(3)公開再審査

再申請されたDDBの内容が適切かどうか再審査されます。審査結果が、アカウント作成時に登録されたメールアドレス宛に送信されます。

  • 審査許可された場合は、「申請ステータス: 公開許可済み」のリンクが表示されます。
  • 審査許可されなかった場合は、「申請ステータス: 保留中」のリンクが表示されます。通知メールの審査コメントに従って対応してください。
開発者
(DDS)
(4)公開

公開許可のメールが届いたら、Bot公開申請ページで最新バージョンのDDBをマーケットプレイス上に公開します。

  • マーケットプレイスに公開されるのは、最新バージョンのDDBのみです。
  • DDS上のDDBのバージョンが1つ上がります。
一般
ユーザー
(UDS)
(5)アップデート 前バージョンのDDBをインストール済みの場合、自動でアップデートされます。

DDBの公開停止

DDBの公開を停止すると、下記のような流れで一般ユーザーが利用できなくなります。

開発者
(DDS)
(1)公開停止

Bot一覧ページで、公開中のDDBの(公開Ver.確認)アイコンをクリックし、Bot公開申請ページで公開を停止します。

  • DDBのステータスが「」に変わります。
  • Bot名の下に「ver.X ※公開停止中」と表示されます。
  • ステータスが「」のDDBのみ停止できます。
マーケット
プレイス
(2)機能提供中止 公開中のDDBの機能提供が停止されます。
一般
ユーザー
(UDS)
(3)利用不可

インストール済みのDDBの公開が停止されると、機能が利用できなくなります。

  • UDSのサービス一覧のDDBに、[公開停止中]のステータスが表示されます。
  • DDBの発話が、機能の提供を中止している内容のアナウンスとなります。

審査パトロールによるDDBの公開停止

審査パトロールによって公開中のDDBが審査基準を満たしていないと判断された場合は、下記のとおり公開が強制的に停止され、DDBまたはCGSの更新が必要となります。

マーケット
プレイス
(審査員)
(1)審査パトロール

ドコモ審査員が、定期的に公開中のDDBの再審査を行います。

(2)強制停止

再審査の結果、審査基準に満たしていないと判断された場合は、DDBの公開が強制的に停止されます。
停止理由が、DDBに登録されているメールアドレス宛に送信されます。

開発者
(DDS)
(3)停止理由の確認

受信したメールに記載されている停止理由を確認します。

  • 強制停止された時点で、DDBのステータスは「」に変わっています。
一般
ユーザー
(UDS)
(3)利用不可

インストール済みのDDBの公開が停止されると、機能が利用できなくなります。

  • UDSのサービス一覧のDDBに、[公開停止中]のステータスが表示されます。
  • DDBの発話が、機能の提供を中止している内容のアナウンスとなります。
開発者
(DDS)
(4)DDB/CGSの更新

<停止理由がDDBの場合>
Bot一覧ページで、公開中のDDBの(編集)をクリックし、Bot編集ページで内容を更新します。

  • DDBのステータスは「」のままです。

<停止理由がCGSの場合>
CGSの更新を行ってください。

  • EndpointのURLが変わる場合は、Bot一覧ページで、公開中のDDBの(編集)をクリックし、Bot編集ページで更新します。
  • DDBのステータスは「」のままです。