Developer Dashboard

Expert Agent作成・公開チュートリアル:応用編

AWSのAPI Gateway「Lambda」またはオリジナルのWebサーバーを使用して、オリジナルCGSおよびExpert Agentを作成する方法について説明します。

前提条件

このチュートリアルでは、Android端末に「対話アプリ」(COTOBADESIGN社)をGoogle Playからインストールし、音声認識コミュニケーション端末として動作確認をする場合を例に説明します。
「対話アプリ」をGoogle Playからインストールしたあと起動し、DDS/UDSと同じアカウントでログインしておいてください。

参考

CGSは、Expert Agentからアクセスする外部エンドポイントと、そのバックエンドのアプリケーションを指します。
Expert Agentから「Intent」「slot」情報が含まれたリクエストを受け取り、受け取った情報を基に「Expert Agentがユーザーに返すメッセージ」を作成してレスポンスします。
CGSのリクエスト/レスポンスの形式について詳しくは、CGSのインタフェースモデルを参照してください。

図:CGSのリクエスト/レスポンスイメージ